刈谷営業所 栄養士 佐橋 里咲

INTERVIEW

刈谷営業所 栄養士 佐橋 里咲

専門職として幅が広がり自分のアイデアが活かされる職場。

まず現在のお仕事と業務内容を教えていただけますでしょうか。

デンソーパーラーが運営するレストランの栄養士をしています。業務は、毎日の献立のカロリー計算やヘルシーメニューなどを考えることです。季節毎の材料などを吟味して、調理師さんと一緒にメニューをつくることもあります。他にも、栄養や健康、食材の特長などの掲示物を作成して、食堂を利用される方への提案も行っています。ランチタイムは、ホールスタッフとしても働いています。

お客様の健康を預かる大切な業務ですね。ご自身にとって、今の職場で働いていて良かったと感じることはなんでしょうか?

栄養士は、調理の現場で働くケースもあると思うのですが、デンソーパーラーでは、料理の提案や栄養計算などを通じて、食に関するスキルが上がることが自分にとって良いと感じています。

ご自身のスキルが向上していくと、仕事のモチベーションも上がっていきますよね。仕事にやりがいを感じることも多いのではないですか?

お勧めのメニューや旬の食べ物などの、掲示物を作成するなかで、それらを見たお客様から反響をいただくと仕事のやりがいを感じます。レストランのホールですとお客様の声を直接いただけるので励みにもなります。

お客様から実際に反応を頂けるとうれしいですよね。そうした日々の仕事を通じて成長を感じることはありますか?

栄養士として単純に栄養価を計算するのではなく、旬のものやお客様のニーズも踏まえたメニューなどを考えるようになったことです。また、レストラン業務以外にパーティのスタッフもやっていますので、今までにしたことがない経験を積むことで自分のスキルの幅が広がったように思います。

栄養面だけでなく、日々お客様に喜んでもらえるメニューを作っていくのは大変そうですが、その分仕事のやりがいも大きそうですね。次にデンソーパーラーのよいところを教えてください。

自分がやりたいと思ったことができる社風ですね。上司の方は、こちらの意見を否定的に捉えず、いいと思ったらすぐに実行に移せます。以前、春の雰囲気を出すために、店内装飾を提案した時もすぐに実現したんです。店内が華やかになって評判もよかったんですよ。

それはすごいことですね。春の雰囲気の装飾ですか、見てみたいです。最後に、休日などの過ごしかたを教えていただけますか?

家族や友人とカフェに行くことが多いですね。いい心地のいい空間やおいしいメニューなど、仕事の参考にもなっています(笑)。

ありがとうございました。

INTERVIEWS

PAGE TOP